愛の構造的欠陥

どこまでも虚像に溺れる